自律神経の乱れ・不眠症

自律神経の乱れは、イライラや疲れが取れない状態と別に、やる気がなくなる無気力症候群、だるさ、ひどいと鬱になることもあります。

自律神経は、身体の症状というより、メンタルにダメージを与えやすいです。

自律神経を整えると今までとは世界を全く変えることができます。

 

延べ5万人以上を改善

国家資格者が編み出した矯正法をしています。日々、治療講習を受け、様々な認定証を取得しています。

 

ストレス過多な現代社会だから。

このような方へ

  • 疲れが取れない。
  • 何となくだるい。
  • やる気が起きない。
  • 呼吸が浅くなった。
  • 寝つきが悪く眠りが浅い。
  • 頭痛がする。
  • イライラいしたり、不安になる。
  • 首肩周りが張る。
  • ストレスが貯まりやすい。

 

自律神経の乱れとは?

自律神経は、2つの働きがあります。
それは、交感神経と副交感神経です。

 

交感神経

  • 朝に働き始めるオンモード!
  • 仕事や遊びのときです。

 

副交感神経

  • 夜のオフモード!
  • リラックス、眠ている状態です。

 

自律神経は、誰もが持っている身体の内臓を調整する神経です。毎日、交互に休んだり、働いたりと作用します。

しかし、家に帰って休んでいるときも交感神経が働いたままで、ずっとオンになったままになることがあります。

それが自律神経の乱れで、身体は休んでいるはずなのに、ずっとオンモードになり、休んだ感じがせず、寝ても疲れが翌日に残り、身体がだるく、そのうち、やる気も失います。

 

交感神経オンは、頑張り屋さんに多い。

ビジネスマン、OLの方は、日中のストレス、対人関係、仕事で緊張やストレスを感じやすいです。交感神経(働きモード)がオンになったまま、副交感神経(休みモード)に入りにくい方が多いのです。

ずっと体が緊張して、夜も緊張して仕事のことで頭が一杯で眠れない。これがオンのままなんです。

オンモードが続くと、常にイライラし、体のホルモンバランスも乱れ、免疫力が下がり、生活習慣病にかかりやすくなるなどの体調の変化も出てきます。

上手く休みモードに切り替えられないのは、生活の質を落とし、効率を下げてしまいます。

 

逆に休みモードに入りすぎてしまうと。

副交感神経(休みモード)に入りすぎてしまうとリラックスモードが続き、無気力症候群や鬱状態になってしまいます。

このようにどちらかに偏り過ぎると、身体に異常が起こります。

いずれも、長期的にその状態が続くと、改善に時間が必要になります。

 

 

自律神経を改善し、過ごしやすい毎日を。

自律神経の乱れを改善するということは、交感神経、副交感神経のバランスを改善することです。

朝は交感神経、夜は副交感神経となるように、施術で改善できます。
当院は、オフィス街のため、院内は、副交感神経が働きやすいようにしています。

仕事の効率もアップし、やる気も出ますので自律神経の乱れでお悩みでしたら、一度、来院ください。

052-211-7095 お電話にてご予約ください。

休診日:日曜・GW・お盆・年末年始(祝日は診療)

営業時間
11:00~21:00 /

※ 完全予約制となりますので必ずお電話下さい。
※ 定員オーバーの際はご容赦下さいますようお願いします。

初回で身体の変化に驚かれる方も多数

奥野 光将 院長

「改善まで定期的な通院が必要な場合がありますので、栄駅と久屋大通駅の間に位置し、仕事帰りに通いやすいよう21時まで営業しています。
初回で身体の変化に驚かれる方も多数、同じ痛みを繰り返さないことを徹底していますので、百聞は一見にしかず、是非体験にいらして下さい。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 052-211-7095